iPad Pro 12.9 2020年モデル用のケースとガラスフィルムを先行して購入

2020年3月25日に発売予定の新型iPad Pro 12.9インチモデルを予約しました。
到着と同時に本体背面と前面に傷をつけたくないため、先行してケースとガラスフィルムを買っておきました。

[sitecard subtitle=関連記事 url=”https://itemwalker.com/2020032128675.html”]

目次

ESR iPad Pro 12.9 フィルム


前面の液晶画面を保護するために買ったのはガラスフィルム『ESR iPad Pro 12.9 フィルム 2018/2020通用 日本製素材旭硝子製 三倍強化 0.3mm 液晶保護フィルム 高透明度 硬度9H 気泡自動排除 スクラッチ 指紋防止 iPad Pro 12.9インチ用 貼り付けガイド枠付き(2枚入り)』です。

商品名なげ~よ。ということで中華製のガラスフィルム。2018年モデルと2020年モデル共用なようです。

2枚入って2099円。1枚1050円とお買い得。という理由で買いました。アップルペンシルも買ったので紙質を再現したペーパーフィルムも検討したのですが、画面のキレイさを失いたくなかったので透明かつ、衝撃を吸収できるグレアタイプのガラスフィルムにしました。


12.9インチと巨大フィルムなので、フィルム貼りガイドは必須。
あとはホコリが入らないよう、風呂場でフィルム貼りをするだけです。

商品特徴

便利なフィルムを貼る枠 一秒でフィルム貼ることができる

  • ESR2倍アップ強力ガラスフィルムを購入すると便利なフィルム貼る枠をゲット
  • サイズピッタリ、フィルム貼りガイド枠があれば、手ぶれでズレる心配がいらない。
  • 良質便利フィルムパックがついている。紙くずやホコリが付かず、フィルム貼る手助けとなる。

素晴らしい画面体験

  • 日本本国のガラス原料を使用、高透過率で画面をそのままに保つ。

良質な製品で画面を有効に保護

  • ESR強化ガラスフィルムは4時間強化処理を経て、市販の強化ガラスと比べ2倍の強度を持つ。さらに破裂も防止し、より有効に画面を保護。12ヶ月間指紋防止効果が続き、油脂を弾く効果が高く、長期間使用しても消耗しにくい。

耐性力アップかつ画面をひび割れから守る力もアップ、2倍の丈夫さにパワーアップ

  • ESR強化ガラスフィルム:4時間強化処理で厚みが2倍アップした強化ガラス層
  • 市販一般の強化ガラスフィルム:2時間強化処理で薄くて破裂しやすい強化ガラス層

ハンマーテスト150cmの高さからハンマー落下VS90cmの高さからハンマー落下

  • ESR強化ガラスフィルム:より多く衝撃を吸収し、日常の落下よるダメージに対して有効に対抗、画面をより保護できる。
  • 市販一般の強化ガラスフィルム:わずかに衝撃を吸収するのみで、ダメージが本体スクリーンに直撃、真の保護効果がもたらすことができない。

時間はすべての真偽を明らかにする 指紋防止効果を一年間伸ばす

  • 良質な強化型の疎油層の強度をアップ、長期間有効的に指紋残留を防止でき、表面滑らかで防水、油弾く効果が優れて、水滴が球状に保たれる。

ワイヤー摩耗試験(手触りを模擬実験)

  • ESR 強度2倍強化ガラスフィルム:ワイヤー摩耗3000回のテストでも指紋が残らない、水滴が水玉のように。疎油層の効果も一年間保つ。
  • 市販の一般の強化ガラスフィルム:ワイヤー1000回のテストで指紋が残ってしまい、水滴が破れて、使用3ヶ月で疎油層の効果が失われる。

滑らかな2.5Dラウンドエッジ

  • フィルム端面を、滑らかに加工することで、手に持ったときにエッジ部に引っかかることが無い、自然なタッチに仕上げました。

​9H硬度でキズ防止

  • 日常生活のキズから保護—鍵キズ、コインキズ、ブラグキズ、カッターキズなど。

綺麗な包装

  • パッケジ中身:品物+シール台紙、マークシール、ホコリ取りシール、消毒バック、合格証明書、説明書

iPad ケース

ケースは同じESR製の『ESR iPad Pro 12.9 ケース 2020 磁気吸着 [Apple Pencilのペアリング & 充電に対応] オートスリープ/ウェイク スリム 軽量 シルク手触り 高級感 三つ折りスタンド リバウンドマグネティックスマートケース(ブラック)』2899円。

ガラスフィルムは2018年モデルと共用でしたが、こちらのケースはApple iPad Pro 12.9インチ 2020 専用デザインとなっています。


強力な内蔵マグネットでケースとiPadがしっかり閉じられるのもポイント。iPadのオートスリープ/ウェイク機能がシームレスに作動する仕様になっています。

Apple Pencilの磁気アタッチメントとワイヤレス充電に対応しているのは大切。
カバーは三つ折り可能で、立てらかして鑑賞モードと寝かしてタイピングモードの両方に対応してるのが会の決め手となりました。

あとはアップルペンシルが届けば準備万端。
本体が届くのを待つばかりです。

目次
閉じる