iPhone SE 第2世代用のESRガラス保護フィルムを先行して購入!8と異なる傾斜のせいで隅が浮いて失敗

目次

iPhone SE 第2世代4月24日発売

2020年4月24日発売のApple社のiPhone SE 第2世代。
4月20日午後9時からApple Storeにて予約が開始され、私も速攻で予約。

いともあっさり4月24日分が予約できました。
今回購入したのはiPhone SE 128GB (PRODUCT)REDです。
本体カラーは白も黒も買ったことがあるので、せっかくだから買ったことのない赤色にしました。
税別49,800円
ちなみに修理代金についても発表があり、保証サービス『AppleCare+』未加入の場合でも、画面修理代金が1万4500円(税別)、バッテリー交換は5400円(税別)で、iPhoneの中では修理代金は一番安い。
スペック的にみると本体サイズは幅67.3mm、高さ138.4mm、厚さ7.3mm。質量は148g。
画面サイズは4.7インチ、解像度が1,334×750ピクセル。
指紋認証兼用ホームボタンがあるので、FaceIDよりも新型コロナウイルス流行中のこのご時世では嬉しい。
メモリは3GBのもよう。

開封直後が保護フィルムを貼るチャンス


本体が届く前にガラス保護フィルムを購入しておきました。
今回買ったのは『ESR【2枚入り】 iPhone SE 第2世代ガラスフィルム iPhone8 iPhone7対応 2020 新型 高品質強化ガラス液晶保護フィルム【ガイド枠付き】3D曲線エッジガラス』。要はESR製のガラス保護フィルムです。1595円(税込)

ガラス保護フィルムが2枚入っているので、万が一に失敗してもワンチャンあるので安心。
画面を拭いたり、ホコリを取るシールもきちんと同梱されているのも地味に嬉しい。

ガラス保護フィルムは正直貼ってみないことには評価はできません。

iPad Pro 12.9インチ 2020年モデルの時もこのESR製の保護フィルムを購入しています。
ESR社製のなにが良いかというと、フィルムのガイドがついていることです。

スマホ本体にカチッとはめると、フィルムを貼る位置が固定されるので位置ズレの心配がありません。

実際に貼ってみて


はい、失敗でした。
どうもiPhone8用をそのまんま転用した商品のようです。
隅が浮いてしまいます。不格好なので返品です。
メーカーに現象を報告したら返金してくれました。
しかも今商品を見ると、iPhone SE 2020対応を削除してiPhone8用商品になってるし。
iPad Pro 12.9インチ用で品質が良かったので期待していたのですが、対応は早くて素晴らしいけど製品自体には信用がなくなったかな。

クリアケースも同時購入

まだ未着ですが、クリアケースも購入しました。
『レイ・アウト iPhone SE(第2世代)/8/7 ハイブリッド 耐衝撃 高硬度/クリア ケース』1595円(税込)。

目次
閉じる