Spigen Glas tR Optik iPhone 12 Pro Max用 カメラフィルム買った

『Spigen Glas tR Optik iPhone 12 Pro Max 用 カメラフィルム 保護 iPhone12Pro Max 用 カメラ レンズ ゴールド 2枚入』を購入しました。Amazonでお値段1,399円(税込)でした。

目次

Spigen Glas tR Optik特長

  • 【カメラ全面保護】カメラを全面保護するフルカバータイプで、スクラッチからカメラをしっかりと保護
  • 【日本製素材旭硝子製】日本の旭硝子製を使用した硬度9H以上で傷つきにくい素材で作られている
  • 【ケース互換性抜群】カメラ部分の突起面積と同サイズのガラスフィルムなので、突起エリアが丸々あいているスマホケースであれば干渉しにくい
  • 【レンズ専用のデザイン】iPhone 12 Pro Max カメラ専用のデザインなので、違和感なくピッタリはまる。また、カラーも4色揃っているので装着時の色の違和感は少ない

開封・装着レビュー

パッケージはシンプルで商品がわかりやすい。色味も正直に描かれている点が好感度高い。
ガラスフィルムの貼り方。レンズの突起にスッポリとはめ込むタイプなのでズレる心配はない。
カバーを取り付ける際はマニュアルに記載されている要領でやらないと一緒に剥がれてしまうので注意が必要。
パッケージを開けると、ガラスフィルムが2枚、ホコリ取りシールが2枚、拭き取り用の小さいクロスが1枚入っています。
製品の硬さはしっかりとしている。ただカラーは本体カラーのゴールド専用となっていても、ガラスにベタ塗りペイントなので、本体の素材のもつ色味とは異なってしまう。この辺で保護を優先するか、見た目のデザインを重視するかで、この商品を購入するか否かを判断するウィークポイントになるのではないだろうか。
フィルムを貼る前のiPhone 12 Pro Max GOLD。レンズのフチの輝きが美しい。
フィルムを貼るとこのような感じに。カメラ周りのゴールドのフチが隠されてしまった。これは残念なポイント。
横から見ると分厚く見えるが、実際はレンズの高さからさほど浮きだっていない。
ケースを装着したところ。カメラを保護する突起部分よりも若干低いので、保護されたまま、ケースにも干渉せずに着けることができた。
装着した全景写真。やっぱり色味が本体素材と違いデザイン性はかなり損なわれてしまう。ゴールドの輝きがこの本体カラーを選んだ理由なので、残念な感じがある。

自己満足度は「3」です。
iPhone12を選んだ重要ポイントであるカメラを傷から守るということでは安心感の高いモノであるのは間違いない。
しかし、本体カラーの持つ素材感や輝きが損なわれてしまう。シールで貼り付けるという製品仕様の関係で透明にできなかったという点は理解できるものの、ダサさを感じてしまう点が非常に残念。
正直このまま装着し続けるかは不明。せっかく買ったのでしばらくは付けておきますけどね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる